つれづれ日記

Where there's a will, there's a way.
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 3列目ぇぇえぇ↑ | main | B'z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-9.1 >>
HINOTORI is You

今帰りの電車です。
自分の中で間違いなく伝説のLIVEになりました。
稲葉さんの声が出なくて、レディクレの悪夢が再び起こったんやと思いました。一曲目ではそこまで顕著に気付かなかったけど(ハイトーンヴォイスを押さえてるんだなーぐらい)、二曲目が確実におかしくて…周りの人も「え…え…」みたいな反応。
二曲目が終わって暗転したら、稲葉さんが戻り、スタッフがメンバー全員を引き上げさせ…スタッフがバツマーク出してるように見えたから「これはマジでアカンかも」と思いました。スタッフのはたぶん『タイム』のジェスチャーだったのかも。
周りは「頑張れー!」とか「中止とか嫌やー」て言ってる人もいて、私も思ったけど、それよりも「頑張らなくていい」と隣の人が言ってる方に頷いた。まだこれからもB'zは続くし、絶対に無理はしてほしくない。なら『仕方なし』なのかと。
三曲目が始まり、終わってまた暗転。場内アナウンスで『申し訳ございませんが…』に続く言葉に息を飲んだねw『今しばらくお待ち下さい』と。『お待ち下さい』に少しだけ安心したけど、やっぱり不安もあった。10分ほど待ってたら、ステージサイドから稲葉さんの「Wow〜wow〜wow〜wow〜♪」て言い声聞こえてきたんだよ。
中止にするにしても、たぶんこのままでは終わらない気がしました。仮に続けるにしても会場のBro.が全力で歌うよ!!
そしてステージ再開。出てきた際、稲葉さんの「歌いたい気持ちはある」「こんなこと初めて」「もう少し歌ってダメだったら然るべき対応をして、その穴埋めは絶対にします」と。「まだ皆さんには頼りませんよ(とか何とか)」言ってて、見透かされた気がしましたwでも声は尻上がりに良くなっていってる!凄い!でもやっぱりハイトーンはガラガラで、何とか出しきってました。
その様を見てて、稲葉さんも改めて人間なんだなと。そして段々と良くなっている声を聞いてたらツアータイトルの「火の鳥だ」と思わずにはいられませんでした。稲葉さん、やっぱり凄いよ。アンタはホンマもんのHINOTORIやで。
LIVEの完璧盤は円盤で楽しむよ。明日はどうなるかな?無理だけはホンマにしてほしくないです。

あ、LIVEはめちゃくそ、文句なく面白かったです。本当に良かったよ!神だった!

| B'z | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする